#21 【学生トレーナー向け】今の自分になるまで~キャリア形成の実例その2~

ひとりごと

前回の今の自分になるまで~キャリア形成の実例その1~の続きです!

そのふと目にしたブログは、

私の心へ強く突き刺さるものでした。

そこには、

「あなたはあなたのままでいい」

という言葉がありました。

その言葉がグサッと心に刺さり、

泣いたのを覚えています。

出来ない自分、何やっても上手く行かない。

なのに周りはキラキラして仕事をしている。

そんな自分に自暴自棄にもなっていました。

そのブログを書いたのは、森部高史さん。

実は学生トレーナーの集いというときに、

名刺交換をさせて頂き、

Facebookで森部さんの活動を拝見していました。

 

当時、森部さんはロルフィングというセッションを中心に活動されていました。

 

信頼するインターン先でのボス、朝倉全紀さんともお知り合いで

朝倉さんもセッション受けていて

私も行ってみたいとは思っていましたが、

正直、金額面から行くのをためらっていました。

 

しかし、そのブログを読んで、

「森部さんに会えば何か変わるかもしれない」

という直感から

藁にすがる思いでロルフィングセッションを受けることにしました。

初めてのセッション後。

帰り道、久しぶりに上を見上げ空をみました。

空気が吸えてました。

周りの景色がいつもより輝いて見えました。

 

本当に驚きました。

それからセッションを通してたくさんのことをお話させていただき、

そこから「自分」という存在を好きになれました。

ロルフィング10シリーズの写真

4、「自分を好きになれた」

「みなさんは自分自身のことが好きですか」

これを聞いて、はいと答えるとナルシストに思うかもしれません。

 

私も嫌いでした。

そして、いつも自信がありませんでした。

しかし、森部さんに伝えて頂いたのは、

自分自身のことが嫌いで

問題解決ができるかいつも自信がない人から教えてもらうのと

自分自身のことが好きで

あなたの問題解決できます、と自信満々な人から教えてもらうのとどっちがいい?」

と聞かれて、

自分がクライアントでどうにかしたい!って困ってる時に

前者の人が来たら嫌だなって思いました。

 

後者の人は文面だけ見ると怪しいかもしれませんが、

専門職の人はこの自信をもっていいほど勉強してきてるはずです。

そして、

「あなただから幸せにできる人がいる」

と言われました。

最初は信じられませんでした。

私より優秀な人はたくさんいてその人のほうが幸せになれるじゃん、と思っていました。

 

でも、その優秀な方も身体は一つ。

全国、世界の人を見ることはできません。

 

私の目の前にいるクライアントはその方とではなく

私に出会ったのです。

ならば、私の持ってる全てを出して、

目の前のクライアントを幸せにするしかないと思うようになりました。

私は私の持ってるだけの知識、性格、キャラ、全てを使えばいいんだと。

そこから「私は私らしくていいんだ」と自分を許せるようになり、

そんな「自分を好き」になれました。

今も時々、自分自信のこと嫌いにはなることはありますが、

「私の持ってる全てを出して、目の前のクライアントを幸せにする」

という気持ちに変わりはありません。

5、今後

自分でこの目次を作ったのに何を書きたかったのか忘れてしましました。(笑)

もちろん自分のもっている知識をより深くするためにも

自己研鑽はこの職業をやる限り、続けます(むしろやめたらこの職業もやめるべきです)

 

このブログは私のように悩んでる人の

打開するきっかけみたいになればと思い書きました。

そして今後は、目の前の人とその周りの人を幸せにしたい

と思っています。

だから、私はブログやSNSなど発信することはやめません。

 

その一つのきっかけで変わる人がいるかもしれないから。

私のように。

まとめ

1、あなたはあなたらしく

2、伝えることをやめない

3、今よりも少しでも幸せにになって笑顔になってもらえることが目標です

4、頑張りましょう、私も頑張ります

ということで、その1から読んでいただきありがとうございました!

つたない文章でしたが、情熱もって書きました。

恥ずかしい話も書きました。

これを読んで一つ踏み出すきっかけになったら嬉しいです。

 

何か聞きたいことがあれば、

お問い合わせ

SNSのメッセージ(TwitterInstagram)から

ご連絡ください!

 

それでは!!

タイトルとURLをコピーしました