#2 【アスリート向け】あなたはトレーニングって何のためにしていますか??

トレーニング

皆さんは
トレーニングをしていますか?

している方に質問です。

なぜ、トレーニングをしていますか??

今5つ書き出してみてください。

ホワイトボードに考えを書いている人

いくつ書けました????

書けた人も、書けなかった人もこんな人がいると思います。

なんとなくだけどトレーニングは大事!

って思ってる人と

〇〇という効果があるから大事!

と思ってる人。

実は、この両者のトレーニング効果は積み重ねれば行くほど差は歴然なものになります。

トレーニングは、「パフォーマンス」を表現するための歯車の1つです。

歯車の写真

要は、いわゆるパフォーマンス(例 バスケットが上手くなりたい)はトレーニングで全ては解決できません。
しかし、歯車の1つである以上、トレーニングで解決できる事もあります。

受け取る側も指導する側もこのことを理解していることが大切です。

それらを理解した上で、なぜトレーニングを行うのかを考えましょう。

そして、「なぜ」を考える上で大切なのは「目的」をはっきりさせておくことが大切です。

「目的」があって、「手段」があります。

例えばウエイトトレーニングはパワーリフティングやウエイトリフティングなどウエイトトレーニングの動作を競技で行う人以外はほとんどが手段になります。

その手段であるトレーニングにはどんな効果はこんなものがあります。

①筋力や柔軟性の向上

=身体を自在に扱うためのベースを作る

②身体の基本動作の獲得(しゃがむ、手を挙げる、肩甲骨を固定させる、安全な止まり方、切り返し方などなど…)

=身体を自在に安全に扱えるようになる助けになる

③心理的効果

=シンドイ事を乗り越えた自分への自信

= パフォーマンス向上の助けや傷害予防の助けになる!

だと私は思います。
これは、アスリートも一般の方も覚えておいでください。

実はこれはトレーニングをする上で大切な原則の「意識性の原則」という部分にも当てはまる事です。

これらの効果を理解して「手段」というトレーニングを「目的」に合わせて実施してみてください!!

まとめ
  1. トレーニングで全てを解決しない!(でも、解決出来ることはたくさんある!)
  2. 「目的」と「手段」を理解する
  3. どうせキツイことやるならやる目的を理解してやったほうがお得!
タイトルとURLをコピーしました